煮込み調理機能とレトルト食品殺菌機能をあわせもつ小型レトルト釜・鮮圧スチームシェファ【食品分野・福伸工業】

オリジナル製品紹介

Photo

鮮圧スチームシェファ

食品分野

小型レトルト釜(小型調理殺菌装置)は、煮込み調理機能とレトルト食品殺菌機能をあわせもつ、HACCP対応の調理機「鮮圧スチーム調理殺菌装置」です。
ビタミン・たんぱく質などの食品の成分は、加熱時間が長いほど急速に熱劣化し、失われて行きます。食品の成分劣化を最小限に抑え、食品本来のおいしさ・風味・新鮮さを保ちながら調理することが、今、求められています。
しかし、食品衛生面からは、熱に強いボツリヌス菌、ノロウィルス、O157の殺菌が必要です。
この相反する課題を解決するために、従来は別々に行っていた蒸煮・殺菌をひとつの圧力容器の中で連続して行い、食品の熱劣化を最小限に抑える鮮圧殺菌調理法が注目されています。

用途

  • 生野菜のスチームアップ調理のスチーム調理機能
  • 豆煮、昆布巻煮、ビーフカレーなどの鮮圧スチーム調理機能
  • おでんパック、牛丼の素、中華丼などのレトルト殺菌機能
  • カップデザート、フルーツゼリーなどのレトルト殺菌・含気機能

Photo

レトルト殺菌

<トレイ>
500mm×300mm×25mm 前後2連8段
150℃まで設定可能。レトルトの商品例F値センサーにより芯温の設定ができ、モニター・記録が可能。

<製品利用商品例>
カップデザート、中華丼、おでんパック、カレー、パスタソースなど

Photo

蒸煮

<20リットルバット>
500mm×300mm×150mm 前後2連2段
150℃まで設定可能。レトルトの商品例F値センサーにより芯温の設定ができ、モニター・記録が可能。

<製品利用商品例>
豆煮、豚のやわらか煮、昆布巻き煮、魚の甘露煮、小豆炊き、おでん、肉じゃが、五穀がゆ、そば粥、黒豆の淡煮、栗甘露煮、ビーフカレー、チキンカレー、健康野菜スープなど

特徴

Photo

Photo

  • 食品の新鮮さを長期に保存 : 鮮度保ったまま圧力をかけて処理するので、食品本来のおいしさや風味を常温で保存できます。
  • 新商品開発・販路拡大 : 食品の栄養分を逃さないで新鮮に調理できるので、医療介護食・病院食・院外調理に最適です。
  • 食品安全・食品衛生 : HACCP・ISO22000に対応し、高圧・高温・短期間の処理で無菌化、熱に強いボツリヌス菌・ノロウィルス・O157の殺菌、完全無菌化ができます。また、殺菌加熱状況の管理・記録ができます。
  • 高い調理の信頼性 : 100度までの温度上昇はわずか90秒。繰り返しの再現性は1℃以内。上段と下段トレイの温度差は1℃以内で、どこの段に置いても同じように殺菌できます。釜内の圧力・温度を最適制御しますので、レトルトパウチの破損・破裂はありません。
  • 簡単・シンプル操作 : いつでも誰でも、ボタンを押すだけで全自動で簡単に操作できます。温度条件は9パターン登録出来、ボタンを押すだけですぐ呼び出し。
  • 省スペース設計 : 食品機械業界No.1の省スペース設計で、スペースの有効活用が図れます。

仕様

仕様図鮮圧スチームの仕様図

適用法規第一種圧力容器
本体サイズW1050mm×L1710mm×H1550mm
寸法内径Φ600×直胴部1000L
加熱方式1〜18段加熱
蒸煮方式蒸煮加熱
冷却方式置換方式
パウチ収納個数210g・・・96個、160g・・・192個
蒸煮量60kg
F値計測150℃
電気容量3.7kw

小型調理殺菌装置の仕様・大きさはオーダーメードで設計・製作します。

資料請求はこちらへ